京都AGA加藤クリニック
プロペシア
プロペシア

プロペシアは、AGAの原因となる男性ホルモン(DTH)の生成を抑制することで、脱毛や薄毛を防ぎます。DTHは、血中のテストステロンに5α‐還元酵素が働いて作られる物質です。プロペシアは、5α‐還元酵素を阻害します。そのためDTHが作られなくなり、AGAに効果がみられます。もともとこのプロペシアは、前立腺関連の治療薬として開発されたのですが、服用した患者さんに発毛効果が見られるようになり、改めて育毛剤としての研究開発がされたのです。

ただし、プロペシアの効果は、髪を生やすためのものではなく、抜け毛を防ぐというものです。いくら髪を増やそうとしても、薄毛の程度がある程度進行してる人においては、プロペシア単剤での治療では、髪は生えてきません。予防ではなく現在すでに薄くなってお悩みの方には、プロペシア以外の治療法も必要になってきます。

京都AGA加藤クリニックでは、このプロペシアの成分であるフィナステリドに加え、もうひとつの「Aランク」成分であるミノキシジルを加えたオーダーメイドのAGA処方薬を用意しております。またより高度な最先端治療を受けてみたい方には「AGAメソセラピー」という発毛医学の世界的な最先端のメニューも提供しております。

日本初!プロペシアジェネリック!
フィナステリド錠「ファイザー」

発毛育毛のAGA業界にビッグニュースが飛び込んできました。バイアグラなどで有名なファイザー株式会社が2015年2月19日付で後発医薬品では初となる『フィナステリド錠「ファイザー」』の製造販売承認を取得したと発表しました。

『フィナステリド錠「ファイザー」』はプロペシアのジェネリックになるので、プロペシアと同様にAGAの原因となる男性ホルモン(DTH)の生成を抑制することにより、抜毛や薄毛を防ぎます。

ジェネリックとは
医薬品の有効成分そのものに対する物質特許が切れた医薬品を、他の製薬会社が同じ主成分で製造・供給する医薬品であり、後発医薬品と呼ばれることもある。ジェネリック医薬品は特許が切れた先発医薬品の成分を用いるので、成分自体の研究開発費がかからないため、同じ成分であっても先発医薬品よりも安い価格が期待できます。
つまりどういうこと?

以上の内容により、今までプロペシアで抜毛や薄毛を抑えてきた皆さまにとっては、『フィナステリド錠「ファイザー」』によって、今までよりも経済的に治療が可能ということになります。そこで当院も他院に先駆け、プロペシアのジェネリックである『フィナステリド錠 1mg「ファイザー」』の販売を開始いたします。

この機会に是非ご検討ください。ご不明な点は当院のお問い合わせフォームからか、当院へ直接お電話くださいますようお願いします。

料金
プロペシア「MSD製薬」
28錠・・・7,700円
90錠・・・23,600円

フィナステリド錠 1mg「ファイザー」
28錠・・・6,200円
90錠・・・18,600円